矯正歯科

https://plus.dentamap.jp/
apl/mobile/?id=429
https://plus.dentamap.jp/
apl/mobile/login.html?id=429

診療時間

院長 皆様こんにちは。
はらだ歯科クリニックの原田洋です。おかげさまで当院は開院20年目を迎えることができました。
これからも茨木市・箕面市の地域密着型歯科として皆様の健康増進のお役に立ちたいと思います。

審美歯科

予防歯科

小児歯科

医師のご紹介

オンライン歯科相談

採用情報

QRコード

審美・ホワイトニングセンター

epark_dental
初診の方ご利用下さい。
再診の方はご遠慮ください。

矯正歯科

※申し訳ございませんが、
現在、定員過剰のため矯正歯科の初診受付は中止しております。
あらかじめご了承ください。

矯正歯科の診療日

当院の矯正診療日は、第1、第3金曜日、第2水曜日になります。
(矯正診療日は変更になる場合がありますのであらかじめお電話で御確認ください。)

2017年9月 1日(金)、6日(水)、15日(金)

矯正歯科って?

矯正治療とは、色々な矯正装置(プレートやブレイスなど)を用いて不正咬合(叢生(そうせい)、反対咬合、上顎前突、開咬)を治し、虫歯や歯槽膿漏になるのを防ぐ治療法です。
矯正治療は審美的な側面と機能的な側面が表裏一体であり、簡単に言えば「見栄えを良くすれば良く咬めるようになり、良く咬めるようにすれば見栄えは良くなる」ということです。

我々は矯正治療は予防歯科の一部分と位置づけており、現状の審美、機能改善だけに留まらず矯正することによって将来起こりうる虫歯、歯槽膿漏をはじめ顎関節症などの歯科疾患の予防、ひいては歯の寿命そのもの長命化を図ることを目的にしています。

1.叢生

叢生

歯がでこぼこに並んだ状態です。
八重歯は犬歯が飛び出した状態を呼びます。歯が並ぶ隙間と、 歯の大きさのアンバランスによって生じます。
また、下の前歯では、年齢と共にでこぼこになったり、歯周病で歯肉・歯槽骨が衰えることによっても生じることがあります。
その結果、虫歯、歯肉炎になりやすく、将来的には歯周炎に移行していくことが心配されます。

2.反対咬合(受け口)

反対咬合(受け口)

この歯並びは、顎全体の問題として上顎の発達が悪かったり、下顎の成長が強すぎたりすることによって起こります。
そのため、前歯が逆に噛むことがあります。
前後的な顎のズレだけでなく、時には左右的な顎のズレを認める場合もあります。

3.上顎前突(出っ歯)

3.上顎前突(出っ歯)

上の前歯が突き出した状態です。
上下顎の前後的なズレ、口呼吸(鼻疾患、アデノイドなどにより鼻呼吸が困難)、指しゃぶりなどが原因として考えられます。
この歯並びの問題は、前後の噛み合わせが悪いことにより、食べ物を噛み切りにくく、時に下唇を使って噛む場合があります。
また、唇が閉じにくく、常に唇が開いた状態になります。
そのため、上唇の発達悪くめくれた状態になり、無理に口を閉じようとすると、上唇が下がらず代わりに下唇が上がり顎の先に緊張感が認められます。

4.開 咬

噛んでも噛み合わない状態です。
前歯であったり、奥歯であったりします。
垂直的な顎のズレが原因であったり、舌癖、指しゃぶりなどの悪習慣が原因となります。

ここでは代表的な例を挙げましたが、一口に不正咬合といっても状態はさまざまです。
今ではほとんどの状態で治療が可能になりましたので気になる事がありましたらいつでもお気軽にご相談下さい。虫歯などの治療と違って矯正治療は具体的な治療のイメージがわかないことが多く、治療に踏み切るかどうかの判断がつきにくいので、気になれば「まず相談」が基本です。
当院では矯正治療は認定医が行っており相談は無料ですのでお気軽にお申し付け下さい。

矯正治療の開始時期は?

矯正治療に「手遅れ」はありません。
あなたが「気になる,直したい!」と思った時が開始時期です。
かつては「子供の治療」と思われていた矯正治療も今ではむしろ大人の患者さまの方が多数を占める時代になりました。
しかし、医学的には最適な開始時期があり、目安は「前歯の永久歯が生えたら」で、年齢でいえば6~7才頃でしょう。

矯正治療の治療期間は?

通院間隔は大体月に一回程度で、成人(中学生以上)の方でしたら2年半~3年(器具がついている期間)が目安です。
お子さまの場合、いわゆるブレイス(歯に装着する器具)をつけるのは中学就学前後になりますので中学の終わりから高校入学ぐらいで装置ははずれます。
したがって小学校3年生で開始すれば5~6年と言ったところでしょう。

ここから先は保定期間とよばれる経過観察(動かした歯が安定しているかどうか)となり、通院は概ね3~4ヶ月に一度くらいで、同時に虫歯や歯周炎、歯肉炎の予防処置と平行してゆき適応可能な部分は健康保険を使って管理を行います。
このように矯正治療は通常の虫歯などの治療にくらべて期間がかかります。

普通の感覚なら歯医者さんに通うのは「普段と違い特別な期間」でしょうが矯正が始まると何年単位の話となり感覚的には「矯正が生活の中にとけ込む」様になって参ります。
これは患者さまの感覚では「歯科治療のため通院している」というより学習塾や英会話のレッスンで「スキルを上げて自分自身の価値を高める」に近いと思います。

矯正費用

歯科矯正施術料 (平成14年3月制定)

検査・診断料¥52,500
a. 基本装置料 ¥420,000
b. マルチブラケット料¥157,500
成人(15歳以上)a + b¥577,500
c. 再診料¥3,150~¥5,250

平成16年の総額表示方式の通達を受け,消費税込みの費用を表記致しております.
当院ではこの表に基づいて算定いたしますので患者さまごとに大幅に料金が変わることはありません。
平均的な治療(開始から終了まで,数年間の総合計)で総額は概ね80万円弱(消費税込み)です。
また上記 b. のマルチブラケットの装置は「透明で目立たないもの」が標準です。
目立たない装置のための当別な費用設定はありません。
また同一世帯(親子、兄弟)での治療では割引制度もございますので担当医にお尋ねください。

当院の矯正治療の特徴

矯正治療は数ある歯科の標榜科目の中でもとりわけ専門性が高く、矯正専門医になるためには歯科大学卒業後、非常に長い研修期間が必要になります。
医科の場合でもそうですが専門性の高い分野では第三者が定められた経験、技量をクリアしている医師、歯科医師に対し認定医制度を設けてこれを認定しております。

矯正歯科の分野では1984年から制度が開始され日本矯正歯科学会がこの任にあたっております。
総合歯科診療を行う歯科医院で矯正の診療日を設けて月に1回程度の矯正治療を行うのは珍しいことではありませんが、大学の医局員のアルバイトがほとんどです。
この場合医局員が大学を退職すると同時に歯科医院も退職してしまい、患者様としては矯正担当医が変わってしまいます。

当院の矯正担当医は大阪市内で自分の診療室を所有している認定医ですので頻繁に担当医が変わることはありません。また当院には大学病院補綴科出身の審美歯科医も勤務しておりますので矯正処置終了後の審美的処置(ホワイトニング、セラミック、レーザー処置など)を組み合わせることによりより完成度の高い治療が可能です。
この総合審美処置の際は料金の割引制度もございますのでご希望の場合は担当医にご相談下さい。

歯科診療に関して

茨木市の歯科医院 はらだ歯科クリニック

所在地 マップ
大阪府茨木市中穂積1丁目7-47
Googlemapを開く

ご連絡に関して
ご予約・お問い合わせ:072-627-0458

アクセス
最寄駅 JR「茨木」駅
阪急京都線「茨木市」駅

診療時間
午前: 9:30 ~ 13:00
午後:15:00 ~ 20:00
休診日:日曜・祝日 土曜日は17:00まで

page-top